個人や企業で使用済みになったパソコンには中古品としてリサイクルされるものもありますが、その際に中身のデータ消去がしっかりと行われているとは限りません。
個人や企業で使われていたデータが、パソコンの中に残っている場合があります。
中には、個人情報なども含まれているかもしれません。
パソコンを処分する際に残っているデータ消去は、所有していた企業や個人の責任です。
しかし、データ消去の方法を知らなかったり、知っていても面倒なのでおろそかにしたりする人も多いです。
また、データ消去を謳ったパソコン廃棄業者の中にも、完全なデータ消去作業を行わずに流通させてしまうような悪徳な業者も存在します。
なので、信頼のおけるパソコン廃棄業者を選択して依頼する必要があります。 続きを読む

パソコン廃棄をする際、廃棄業者に手数料を払って処分してもらうことになりますが、業者といってもさまざまな業者がいます。
情報の宝庫と呼ばれるパソコンの中のデータをそのままにして廃棄する会社も少なくないようです。
しかし、悪徳業者にわたってしまうと如何なる不正が行われるかわかりません。
パソコン廃棄をする際にはいくつかのポイントを踏まえて廃棄業者を選択することが重要です。
データが保存されているハードディスク、SDカードなどの外部ディスクは分けて考えることが重要です。
パソコン廃棄といえばすべてを処分してもらうことを想定していると思いますが、HDDやSDカードなどはデータ消去をする必要があります。
データ消去というとファイルを削除すればよいと考えがちですが、一度削除したくらいでは復旧が可能です。 続きを読む

オススメリンク

HDDなどの不要メディアを処分する際はデータ消去サービスを利用することをおすすめします。磁気消去や物理破壊による完全消去で安心・安全にメディアを処分できますよ。
パソコンのデータ消去をして個人情報を守ろう|YEC
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年5月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031